器やコップをつくる"mushimegane books."のサイトです

企画展 : Gallery AELU2017.10.03

この度、代々木上原のgallery AELUさんで開催される飯椀展に参加させて頂くことになりました。
様々な人の暮らしや頂く時間 育む繋がりをイメージして作らせていただきました。
お近くにお越しの際はお立ち寄り頂けたら幸いです。

以下DMより、
お気に入りのご飯茶碗を見つけて欲しい、そして毎日の食事が楽しくなりますように。
そんな想いから開催に至った「飯椀展」。
参加してくださる尾形アツシさんとそんな話をしながら始まりました。
こんなお茶碗で食べてくれたらいいな、ご飯を食べている人たちや食事をしている雰囲気に
イメージを膨らませ9名の作家が、”飯椀”を届けてくれました。
大切な人や自分が日常で使う器だからこそお気に入りの一つを見つけませんか?
秋風が心地よい季節です、ぜひお出かけください。
10月9日(日)はご購入いただいた器で収穫したばかりの新米を
召し上がってもらうイベントを開催しております。
おいしいご飯と白米に合うおかずをご用意してお待ちしております。

「飯椀展」at AELU
2017.10.5(Thu)-10.17(Tue)
gallery open 11am-7pm
close Wednesday

151-0066
東京都渋谷区西原西原ビル1F 3-12-14
Gallery:11:00-19:00 (close Wednesday)
Restaurant:17:00-25:00 (close Sunday)

展示会 : わより2017.08.29

暑い夏の時間や過ごした記憶をゆっくりと風の音と共に綴りたくなる季節
山裾では野生の無花果や畑の実りが色とりどりの秋を届けてくれています。
この度、愛知県一宮市のわよりさんで展示会をさせて頂くことになりました。
今回は生活の器を中心に様々な場所の祭器や古より続く暮らしの道具をお届けさせて頂く予定です。
秋色のpokuや色とりどりな手捻りの器なども制作中です。

お近くにお越しの際は足を運んで頂けたなら幸いです。
ありがとうございました。

mushimegane books. 陶展
9/9(sat)-23(sat)
在廊日:9/9(sat)10(sun)

わより
〒491-0125
愛知県一宮市高田前田25番地
ペリカンビル2D
定休日 火・水曜日
営業時間 11:00 – 18:30

骨董品や作家ものなどを扱われているお店です。
時を経た古物の美しさと現代の暮らしが人やものを通じて
ゆっくりと繋がっていく場所。

展示会 : gallery MARUNI “土の葉”2017.06.16

この度、神戸のgallery MARUNIさんで展示会をさせて頂くことになりました。
今回は、マルニさんより豊かなご縁が繋がって、
オーストラリアで暮らすTORO e TOROのずしちあきさんとの二人展となります。
お近くにお越しの際はお立ち寄り頂けたなら幸いです。
皆様とお会い出来る日和を心より楽しみにしております。
ありがとうございました。

mushimegane books.& TORO e TORO
“土の葉” at gallery MARUNI
2017.7.1(sat)-7.15(sat)
12:00-18:00
会期中無休

gallery MARUNI
650-0023
神戸市中央区栄町通3-1-7 栄町ビルディング4F 402号
tel:080 3803 3006
mail:maruni110@i.softbank.jp
http://gallerymaruni.at.webry.info/

—————————————————————————

オーストラリアでの日々の生活の中で出会った美しい場面から
作品へのインスピレーションを頂いています
ユーカリの葉から射す太陽の小さな光風に運ばれ着地した葉は土に還り
そして根っこから雨とともに引き上げられ、またその葉に命の光を届ける
そんな命の輪の中に自分たちの作品でよりそえたら
そして、その作品を通じて この自然のサイクルを感じて頂けたらと思います
今回のTORO e TOROの作品といたしましては
ユーカリ染めヘアーのキリムドール
(キリムは土の層をイメージしたボーダー柄)
もうひとつはsecond handの洋服にユーカリ染め、刺し子、アップリケなど
ひと仕事を加えたthird handのユーカリのエネルギーを肌で感じて頂けたらと思います

TORO e TORO ずしちあき


初めて訪れたネパールは愛と祈りと輝く生命に溢れていました
今回はネパールで巡り逢った人々や大自然 輝く生命
美しい農村の暮らしをテーマに制作しました
ネパールで出会った小さなカケラも展示致します。
そして、オーストラリアで暮らす、ずしちあきさんより届いた 
インド洋に面した海の砂 (Meelup beach)
ユーカリの葉を灰にして釉薬に混ぜ込んで焼いた暮らしの器と道具を展示致します
はじめてのボーダーpyocotanやしましま器も制作中
オーストラリアの砂とネパールの土、ユーカリの葉そして日々の土を混ぜて作りました
どのような色になるのかどんなものが窯から出てくるのか。。。
展示会まであと少し山裾で土と共に過ごそうと思います
どこかで手に触れて頂けたなら幸いです

mushimegane books. 熊淵未紗

News Letter

メールアドレスを登録された方に展示会のお知らせをお送りしています。右に入力の上 送信してください。